屋形船ってどんな船?

屋形船とは、楼船とも呼ばれ、屋根と座敷が備えられた船の事です。
主に宴会や食事を楽しむ事を目的に、利用されています。
その歴史は古く、平安時代に貴族の遊びとして利用されたのが始まりだと言われています。

江戸時代になると河川の整備も進み、屋形船の乗り心地もよくなった事で花見や月見、
花火などの鑑賞目的に栄えました。
特に隅田川の花火大会は、屋形船を利用する人が多く、金銀漆の豪華な装飾の屋形船まで登場しました。

ですが江戸時代をピークに、屋形船は利用者が減少していきました。
第二次世界大戦後には、風流な文化も衰退し河川の自然環境も劣化した事で衰退の一途を辿っていました。
しかしながら、昭和のバブル景気やビジネスの接待の場として再び屋形船が注目され始めます。

そして現在は文化の継承や観光目的として、観光客や外国人に人気があります。
ちなみに現在の屋形船は、定員は船の規模によって異なりますが小規模の船で15人程度、
大規模の船だと100人程度となっています。

基本的に団体客の借り切りが一般的ですが、乗り合いが可能な屋形船もあります。
乗船時間は2~3時間で、ゆっくり食事やお酒を楽しみながら乗るコースが多くなっています。

昔も今も最も有名な屋形船の営業場所は、隅田川周辺です。
隅田川周辺で、隅田川やお台場、レインボーブリッジを周遊するコースは非常に人気があります。
特にレインボーブリッジは、夜にはライトアップされるため、幻想的な景色を楽しむ事が出来ます。

ただし隅田川の花火大会の日は、利用者が激増するため、利用する場合はかなり早い段階で予約をするようにして下さい。
また花火大会の日は、他の日と比べて料金が割高で特別料金となるため、注意してください。

隅田川以外にも、東京では品川や浜松でも屋形船は営業しています。
その他、名古屋、大阪、福岡、新潟、大分など全国で屋形船を利用する事が可能です。

利用方法は、直接船宿に申し込む事も可能です。
ですがホテルの宿泊パックやバスツアーなどのツアーのオプションとして
組み込まれている方の割引が発生しお得に利用する事が出来ます。

利用する時期も、観光シーズンとしてほぼ、オールシーズン利用出来ます。
ただし利用目的によっては、季節は限定されています。
花見であれば春に、花火や納涼目的であれば夏に、そして秋や冬は夜景を楽しむツアーが多くなっています。

江戸時代の利用目的は、飲食や観光目的以外にも、情報交換や密談の場として用いられていたようです。
バブル時代の頃には、接待や宴会の場として屋形船を利用される事も多々ありましたが、
お金がかかるので現在はビジネス目的の利用は激減しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*