屋形船の選ぶポイント

屋形船を利用してみたいと思ったら、屋形船に予約する必要があります。
屋形船のサービスを提供している会社は、多数存在しています。

では何を基準に屋形船を選べばいいのでしょうか?
選ぶポイントは、大きく分類して4つあります。
まず1つ目は「目的」です。

人それぞれ屋形船を利用する目的が異なりますよね。
例えばお花見が目的なのか、結婚式の二次会が目的なのか、接待が目的なのか、目的によって選ぶ基準が変わってきます。
お花見の場合だと、桜がキレイに見えるルートが重要視されますし、春を感じられる料理コースが望ましいですよね。

そして2つ目は「予算」です。
屋形船の料金相場は、1~1.5万円と決して安くありません。
目的によっては、豪華な料理コースが必要だったり、
オプションをつけたりとさらに料金がアップする可能性があります。

ですが結婚式の二次会などは、あまり会費が高くなっても困ります。
そのため予算内におさまる範囲で屋形船を選ぶ必要があると言えます。

予算に大きく影響があるのは、料理のコース内容となります。
料理のグレードが上がると、どうしても料金が高くなってしまうからです。
でもせっかく日本の長い伝統があり、風流な屋形船で食べるのであれば、
旬の食材を使用した和食を味わいたいという人が多くなっています。

そのため屋形船の料理コースの定番は、新鮮なお刺身、揚げたての天ぷら、そして冬なら鍋料理となっています。
食材に拘るほど、どうしても料理のコストがかかってしまうので、料金設定が高くなってしまいます。
本格的な和食のコースが食べたと思ったら、予算はそれなりに高く設定しておく必要があります。

3つ目は、「出航場所や周遊コースのルート」です。
人によっては、レインボーブリッジが見たい、スカイツリーが見たいという目的があるかもしれません。
また出航場所が、集まりやすい場所である必要もあるので、
アクセスの良さや送迎バスの有無なども考慮して選ぶ必要があります。
東京の場合は、お台場、浅草、舞浜の3つの周遊コースが人気です。

4つ目は、「設備、サービス、オプション」です。
屋形船のサービスを提供している会社によって、設備やサービス内容、付けられるオプションは大きく異なってきます。
最近は屋上デッキがある屋形船は人気がありますが、
屋上デッキがあると、風に当たりながら景色を堪能する事が出来ます。

窓越しに見るよりも、桜や花火も迫力満点に見えるでしょう。
またサービスで嬉しいのはクーポンです。
料金が割高だけど、この屋形船がいいと思った時に、
クーポンがあれば予算内でおさまる可能性もあり、選択肢が広がるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*